ストレスがたまると肌が荒れるというのは美容に詳しい人でなくても経験上知っている人がほとんどです。

安い化粧水でも使い方次第で美容効果がしっかり得られます

肌は美容と健康の鏡である事を意識して

安い化粧水でも使い方次第で美容効果がしっかり得られます ストレスがたまると肌が荒れるというのは美容に詳しい人でなくても経験上知っている人がほとんどです。しかし、どうしてストレスがたまると肌は荒れるのか、そのメカニズムまでは知らないという人は少なくありません。表皮にはランゲルハンス細胞という細胞が存在して免疫の最前線で見張り役をしています。クモの糸のようにネットワークを張って侵入してこようとする細菌を捕らえ免疫集団に情報を伝達している仕組みです。この細胞は表皮の中でも神経線維と直接接していているため、ストレスなどの深いな刺激が脳に伝われば肌の回復機能やバリア機能を低下させ、逆に心地よい刺激が加われば機能が高まることがわかっています。

いつもはキレイな肌だったのに突然吹き出物ができたり、乾燥によるカサツキがおこるのは心や身体の疲れをあらわすサインです。これ以上無理をすると身体が病気になってしまうかもしれないよというストレス信号になります。メイクタイムはこの信号をキャッチできる貴重な時間です。自分の顔を自由に扱い時間をかけられるのは他でもない自分だけになります。肌の変化を見逃さないようにしながら、原因を考えて心と身体の健康に役立てられるようになることが大事です。